コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイスゲルバー Leo Weisgerber

大辞林 第三版の解説

バイスゲルバー【Leo Weisgerber】

1899~1985) ドイツの言語学者。ケルト語やドイツ語を研究。のちに、言語と外界の事物の間には「言語による世界像」が中間段階として存在すると主張し、ネオ-フンボルト主義を提唱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

バイスゲルバー

生年月日:1899年2月25日
ドイツの言語学者
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

バイスゲルバーの関連キーワードワイスゲルバー生年月日ドイツ語世界像ネオ外界事物言語提唱

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android