バックドラフト(英語表記)back draft

デジタル大辞泉の解説

バック‐ドラフト(back draft)

逆気流現象。火災により室内の酸素が欠乏した状態で、ドアを開けたり、窓を割ったりすると、大量の酸素が一気に流れ込み、爆発的な炎を生じる現象。→フラッシュオーバー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バックドラフト【backdraft】

〔逆気流の意〕
火災時に、燃焼により酸素が欠乏した室内に、何らかの原因で大量の酸素が流れ込んで部屋の外側に向かって炎が爆発的に広がる現象。消火活動でドアを開ける際などに発生する。 → フラッシュオーバー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android