コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックドラフト バックドラフト back draft

2件 の用語解説(バックドラフトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バック‐ドラフト(back draft)

逆気流現象。火災により室内の酸素が欠乏した状態で、ドアを開けたり、窓を割ったりすると、大量の酸素が一気に流れ込み、爆発的な炎を生じる現象。→フラッシュオーバー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バックドラフト【backdraft】

〔逆気流の意〕
火災時に、燃焼により酸素が欠乏した室内に、何らかの原因で大量の酸素が流れ込んで部屋の外側に向かって炎が爆発的に広がる現象。消火活動でドアを開ける際などに発生する。 → フラッシュオーバー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バックドラフトの関連キーワード酸素欠乏症低酸素症栄養欠乏症酸素運搬能酸素添加タンパク質-エネルギー欠乏低酸素低酸素血ビタミン欠乏状態ドール効果

バックドラフトの関連情報