バッツァ王国(読み)バッツァおうこく(英語表記)Vatsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッツァ王国
バッツァおうこく
Vatsa

バンサ王国ともいう。インド古代,前7~6世紀頃栄えた十六大国の一つ。ジャムナ川下流の南方地域を占め,コーサラ国の南西方面にあった。ブッダ時代にはウダヤナ王が支配し,コーサンビー (カウシャーンビー) を都とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android