コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六大国 じゅうろくだいこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十六大国
じゅうろくだいこく

前5世紀,ブッダの時代に存在したインドの国々。仏教経典に記されたもので,マガダ国コーサラ国などのガンジス中流域の国々が中心であるが,ガンダーラなど北西辺境地域やデカン西部のアッサカなどもあげられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうろくたいこく【十六大国】

仏教経典に記されたブッダ時代のインド諸国の総称。大国とはマハージャナパダmahājanapadaの訳で,マハーは〈大きい〉,ジャナパダは〈人間の居住地〉を意味する。国名は経典によって若干の相違があるが,パーリ語原始仏教経典によれば,アンガAṅga,マガダカーシーKāsī(カーシKāsi),コーサラ(国),バッジVajji,マッラ,チェーティCeti,バンサVaṃsa,クルパンチャーラ,マッチャMaccha,スーラセーナSūrasena,アッサカAssaka,アバンティAvanti,ガンダーラGandhāra,カンボージャKambojaである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十六大国
じゅうろくだいこく

ブッダと同時代(前6世紀~前5世紀初め)にインドに存在した16の有力国家。16国のそれぞれについては文献間で一部に出入りがあるが、パーリ語仏典では次の諸国をあげる。(1)アンガ、(2)マガダ、(3)カーシ、(4)コーサラ、(5)バッジ、(6)マッラ、(7)チェーティ、(8)バンサ、(9)クル、(10)パンチャーラ、(11)マッチャ、(12)スーラセーナ、(13)アッサカ、(14)アバンティ、(15)ガンダーラ、(16)カンボージャ。これらのうち、(15)(16)は西北インド、(13)はデカン高原北部、その他の諸国はガンジス川流域に位置している。
 政治形態からみると、(5)(6)は部族共和制をとる国、その他はほとんどが王制をとる国である。部族共和制国家とは、集団、組合などを意味する「ガナ」「サンガ」という語でよばれる国で、ブッダの出たシャーキヤ(釈迦(しゃか))人の国家もその一つであった。ブッダ時代にもっとも有力であったのはリッチャビ人を主体とするバッジ国であったが、紀元前5世紀初めごろマガダ国に滅ぼされた。ガンジス川流域では、やがて王制をとるマガダ、コーサラ、バンサ、アバンティの4国が強力となり「四大国」と称されたが、コーサラ国を併合したマガダ国が他の諸国を圧倒し、前4世紀なかばまでにガンジス川流域の統一を完成させた。[山崎元一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の十六大国の言及

【カウシャーンビー】より

…前8~前6世紀ころに北インドに栄えた十六大国の一つバッツァ国の都。漢名は憍賞弥。…

※「十六大国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十六大国の関連キーワードカウシャーンビーワーラーナシーバーガルプルバッツァ王国ベーダ時代クシナガラリッチャビ仁王般若経チャンパ毘舎離国ラージャ

十六大国の関連情報