バトン・トワラー(読み)ばとんとわらー

世界大百科事典内のバトン・トワラーの言及

【鼓笛隊】より

…行進の際には鼓手長(ドラム・メジャー)が先頭に立って,指揮杖(バトン)を持って指揮をする。今日では,華やかにバトンを回すバトン・トワラーbaton twirlerも加わって,パレードに彩りを添えている。 日本への渡来は安土桃山時代(16世紀後期)ともいわれるが,盛んになったのは洋式兵法を輸入し始めた江戸末期からで,明治維新(1868)のときの《維新マーチ》は有名である。…

※「バトン・トワラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android