バナジン(読み)ばなじん

  • Vanadin(独)
  • 〈ドイツ〉Vanadin

化学辞典 第2版の解説

原子番号23の元素バナジウムのドイツ名.1972年以前の日本化学会命名法では元素名として使われていた.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバナジンの言及

【バナジウム】より

…周期表元素記号=V 原子番号=23原子量=50.9415地殻中の存在度=135ppm(18位)安定核種存在比 50V=0.25%,51V=99.75%融点=1890℃ 沸点=約3000℃比重=5.98(18℃)電子配置=[Ar]3d34s2おもな酸化数=II,III,IV,V周期表第VA族に属するバナジウム元素の一つ。ドイツ語から俗にバナジンVanadinということもある。1830年スウェーデンのセフストレームN.G.Sefström(1787‐1845)がスウェーデン産の鉄鉱石中から新元素を発見し,これを北欧神話の美の女神Vanadis(フレイヤFreyjaの別名)にちなんでバナジウムと命名した。…

※「バナジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android