コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヤンザグ Bayanzag/Баянзаг

デジタル大辞泉の解説

バヤンザグ(Bayanzag/Баянзаг)

モンゴル南部、ゴビ砂漠の一地域。ウムヌゴビ県の県都ダランザドガドの北西約90キロメートルに位置する。1920年代、米国の古生物学者ロイ=チャップマン=アンドリュース率いる調査隊が「燃え立つ崖」と呼ばれる断崖で、恐竜の卵や大量の化石を世界で初めて発見したことで知られる。バヤンザク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例