北西(読み)ほくせい

精選版 日本国語大辞典「北西」の解説

ほく‐せい【北西】

〘名〙 北と西の中間方角西北戌亥(いぬい)
※颶風新話(航海夜話)(1857)初「始めには北半球(日に逆ふ)北東からのクールスで、北西の風が南東にロンドローベンし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android