バルク品(英語表記)Bulk

翻訳|bulk

パソコンで困ったときに開く本「バルク品」の解説

バルク品

パソコンパーツなどで、一つひとつ製品パッケージに入っているのではなく、まとめて段ボール箱などに入って売られている商品です。こうしたパーツは通常はパソコンメーカーなどが大量購入するものですが、それをそのまま小売りにしているのです。CPUハードディスクメモリーなどがこうした状態で売られることが多く、低価格で買えます。説明書がなかったり、あっても簡素だったりしますが、設定の必要がなく、正しく装着すればすぐに動作する部品なら、バルク品を買うと費用を節約できます。
⇨CPU、ハードディスク、メモリー

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「バルク品」の解説

バルク品

「バルク」は、大量、一括、という意味。本来は、業者向けにロット販売された商品を、個人向けにばら売りしたものを指す。ハードディスクやメモリー、拡張カード光学ドライブなど、パソコンの各種パーツが流通している。通常の製品に比べてパッケージが簡素で、メーカーの保証書や詳しい取扱説明書などが添付されていない。必要な機器を低価格で購入できることから、自作パソコンのパーツとして人気がある。バルク品に対して、通常のパッケージで販売されている商品をリテール品という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android