バンツー語系諸族(読み)バンツーごけいしょぞく(英語表記)Bantu peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンツー語系諸族
バンツーごけいしょぞく
Bantu peoples

アフリカ大陸南部および中央部全域とその周辺に広く分布し,ニジェール=コンゴ語派に属するバンツー諸語の 200以上の言語を用いる諸民族の総称。この分類はあくまでも言語学的なものであり,形質,社会,文化,宗教的にはきわめて多様である。バンツー語系諸族の共通の起源は,言語学的見地から,カメルーンとナイジェリアの国境周辺とみられ,紀元前後から東へ移動をはじめ,おそらく5~10世紀にリフトバレーの北側からビクトリア湖地方に入り,そこから各地へ拡散し混血したと一般に考えられている。地理的要因に歴史的要素を加味して,東,南,および西バンツーの各派に大別し,それぞれを何群かに分ける。また東アフリカの湖間バンツーなどの小区分を立てる場合もある。南および東バンツー,とりわけ湖間バンツーに比して,西バンツーの研究は必ずしも十分ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android