共通(読み)キョウツウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐つう【共通】

[名・形動](スル)二つまたはそれ以上のものの、どれにもあること。どれにもあてはまること。また、そのさま。「共通の理解」「国民に共通な意見」「両者に共通する特徴」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうつう【共通】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
二つ以上のもののどれにもあてはまり、通用すること。また、そうしたさま。 「一人っ子に-した性格」 「三種に-な要素」 「 -の友人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐つう【共通】

〘名〙 二つまたはそれ以上のもののどれにもあてはまり、通用すること。相通ずること。通有
一年有半(1901)〈中江兆民〉三「干戈を弭め、貨幣を一にし、万国共通の衙門を設け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共通の関連情報