共通(読み)きょうつう

精選版 日本国語大辞典「共通」の解説

きょう‐つう【共通】

〘名〙 二つまたはそれ以上のもののどれにもあてはまり、通用すること。相通ずること。通有。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉三「干戈を弭め、貨幣を一にし、万国通の衙門を設け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「共通」の解説

きょう‐つう【共通】

[名・形動](スル)二つまたはそれ以上のものの、どれにもあること。どれにもあてはまること。また、そのさま。「共通の理解」「国民に共通な意見」「両者に共通する特徴」
[類語]通有普遍同一一律一つ類似相似酷似近似似たり寄ったり類縁髣髴(―する)通ずる通う通底するいつにする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android