コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼルシュタット准州 バーゼルシュタットBasel-Stadt

1件 の用語解説(バーゼルシュタット准州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーゼルシュタット〔准州〕
バーゼルシュタット
Basel-Stadt

フランス語ではバールビル Bâle-Ville。スイス北部の同国最小の准州。州都はバーゼル。バーゼル大都市圏のほかに,ライン北岸の近郊都市リーエンおよび小村ベッティンゲンを含む。住民のほぼ全員がドイツ語を話し,6割強がプロテスタント。 1833年にバーゼル州がバーゼルシュタット (都市地域) およびバーゼルラントシャフト (農村地域) の2准州に分離したもの。面積 37km2。人口 19万 1787 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone