コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラト Bhārat

翻訳|Bhārat

デジタル大辞泉の解説

バーラト(Bhārat)

インド人による自国の呼称。古代インドの伝説の王バラタ(Bharata)に由来し、1949年正式国号として採択。→インド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バーラト【Bharat】

対内的に用いるインドの国名。古代の英雄の名に由来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバーラトの言及

【インド[国]】より

…正式名称=インドBharat∥India面積=328万7263km2(ジャンムー・カシミール(12万1667km2)を含む)人口(1996。ジャンムー・カシミールを含む)=9億5296万人首都=ニュー・デリーNew Delhi(日本との時差=-3.5時間)主要言語=ヒンディー語(公用語),英語(準公用語),テルグ語,アッサム語,マラーティー語,ベンガル語,タミル語など憲法にあげられている17の地方の公用語通貨=ルピーRupee国名はヒンディー語ではバーラトBharatという。インドは北半球に属し,その面積は,ヨーロッパの面積からイギリス,アイルランド,スカンジナビア諸国,ヨーロッパ・ロシアの面積を引いたものにほぼ等しい。…

【バーラタバルシャ】より

…サンスクリットで〈バラタ族の国土〉を意味し,インド人は現在も自国のことをこのように呼んでいる。インドの切手に英語のIndiaとともに,デーバナーガリー文字でバーラトと印刷されているが,これはバーラタバルシャの略で,正式国名ともなっている。バラタ王は《リグ・ベーダ》時代の遠い昔に,北インドに雄飛した伝説的帝王で,その子孫はバラタ族と呼ばれた。…

※「バーラト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーラトの関連キーワードマディヤプラデーシュ州アブドゥル・カラムバーラタバルシャインド国営石油マハーバーラタトリブバン道路ガンダキ[川]ヒンドゥー教ネパール盆地ヒンディー語インド[国]カトマンズガーガラ川サルヤーナバーラタ族インドールインド哲学ネパールジャートインド史