正式(読み)セイシキ

デジタル大辞泉の解説

せい‐しき【正式】

[名・形動]定められた正しい方式や、簡略化しない本来の形式に従っていること。また、そのさま。「正式な(の)要請」「正式な(の)名称」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしき【正式】

( 名 ・形動 )
きめられたとおりの、またおおやけに認められたとおりのやり方である・こと(さま)。本式。 「 -の訪問」 「 -な文書」 「 -に認可される」 → 略式

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐しき【正式】

〘名〙 (形動) 正当な方式。簡略化しない規定通りのやりかた。また、そのようなさま。本式。
※軍用記(1761)三「うけうら当世具足にあり、正式古制のよろひにはうけうらなし」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「未だ正式の手続きも終へぬに」 〔文心雕龍‐風骨〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正式の関連情報