パガニーニによる超絶技巧練習曲

デジタル大辞泉プラスの解説

パガニーニによる超絶技巧練習曲

ハンガリー生まれの作曲家フランツ・リストのピアノ曲集(1838)。原題《Études d'exécution transcendante d'après Paganini》。極めて高度な演奏技術を要求する難曲として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

パガニーニによるちょうぜつぎこうれんしゅうきょく〔‐によるテウゼツギカウレンシフキヨク〕【パガニーニによる超絶技巧練習曲】

《原題、〈フランス〉Études d'exécution transcendante d'après Paganiniリストのピアノ曲集。1838年作曲。パガニーニの「二十四の奇想曲」とバイオリン協奏曲第2番から6曲を抜粋し編曲したもの。1851年改訂の「パガニーニ大練習曲」と区別される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android