コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンテチン

栄養・生化学辞典の解説

パンテチン

 C22H42N4O8S2 (mw554.74).[HOCH2C(CH3)2CHOHCONHCH2CH2CONHCH2CH2S]2パンテテインが酸化されて2分子結合したもの.脂質代謝障害などの治療剤に使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

パンテチン

薬に含まれる成分のひとつ。パントテン酸の補給に用いられる。高コレステロール改善薬などに含有。「パントシン」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

パンテチンの関連キーワードアルコール性肝障害動脈硬化用剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android