コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パールシュバナータ Pārśvanātha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パールシュバナータ
Pārśvanātha

インドのジャイナ教の 24人の救世者 (祖師) のなかの一人で,第 23人目の人。実在した人物と考えられている。この人についてはジャイナ教白衣派のアバヤデーバ (11世紀) の讃頌がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパールシュバナータの言及

【ジャイナ教】より

…最初のティールタンカラはリシャバṚṣabha(俗語形ウサバUsabha)といい,マハービーラは最後の第24祖とされる。直前の第23祖パールシュバナータPārśvanāthaはマハービーラより250年ほど前に実在し,ニガンタ派を率いていたらしい。マハービーラが彼の教えを改良してジャイナ教を確立したとすれば,パールシュバナータこそジャイナ教の創始者であったともいえる。…

※「パールシュバナータ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パールシュバナータの関連キーワードティールタンカラ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android