コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人 イチジン

デジタル大辞泉の解説

いち‐じん【一人】

《天下にただ一人の意》天子。天皇。上御一人(かみごいちにん)。
「―を始め進(まゐ)らせて百官皆椒房(せうばう)の月に涙を落とし」〈太平記・三三〉

いち‐にん【一人】

ひとり。ひとりの人。
「代助は人類の―として」〈漱石それから
その土地や分野で第一であること。
「十ヶ年立たぬうちに五千両の分限にさされ、―の才覚者といはれ」〈浮・永代蔵・二〉
右大臣の異称。

ひと‐り【一人/独り】

[名]
人数が1であること。一個の人。いちにん。「―に一つずつ配る」「乗客の―」
仲間・相手がいなくて、その人だけであること。単独。「―で悩む」「―でいるのが好きだ」
他の人の助けを借りず、その人だけですること。独力。自力(じりき)。「―ではなに一つ満足にできない」「―で解決する」
配偶者のないこと。独身。「いまだに―でいる」
[副]
物事をその人だけでするさま。単独で。「―読書に励む」「―物思いにふける」
打消しの語を伴って、ある物事だけに限ったことではないという気持ちを表す。ただ。単に。「―現象にとどまらず、本質に迫るべきだ」
ひとりでに。自然に。
「むつかしくもぢれたるもの、―さばくるといへり」〈三冊子・黒双紙〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじん【一人】

〔天下にただ一人の人の意〕
天子。上一人かみいちじん。 「 -の心をなやます/海道記」

いちにん【一人】

ひとりの人。ひとり。
右大臣の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一人の関連情報