コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人 イチジン

5件 の用語解説(一人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いち‐じん【一人】

《天下にただ一人の意》天子。天皇。上御一人(かみごいちにん)。
「―を始め進(まゐ)らせて百官皆椒房(せうばう)の月に涙を落とし」〈太平記・三三〉

いち‐にん【一人】

ひとり。ひとりの人。
「代助は人類の―として」〈漱石それから
その土地や分野で第一であること。
「十ヶ年立たぬうちに五千両の分限にさされ、―の才覚者といはれ」〈浮・永代蔵・二〉
右大臣の異称。

ひと‐り【一人/独り】

[名]
人数が1であること。一個の人。いちにん。「―に一つずつ配る」「乗客の―」
仲間・相手がいなくて、その人だけであること。単独。「―で悩む」「―でいるのが好きだ」
他の人の助けを借りず、その人だけですること。独力。自力(じりき)。「―ではなに一つ満足にできない」「―で解決する」
配偶者のないこと。独身。「いまだに―でいる」
[副]
物事をその人だけでするさま。単独で。「―読書に励む」「―物思いにふける」
打消しの語を伴って、ある物事だけに限ったことではないという気持ちを表す。ただ。単に。「―現象にとどまらず、本質に迫るべきだ」
ひとりでに。自然に。
「むつかしくもぢれたるもの、―さばくるといへり」〈三冊子・黒双紙〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちじん【一人】

〔天下にただ一人の人の意〕
天子。上一人かみいちじん。 「 -の心をなやます/海道記」

いちにん【一人】

ひとりの人。ひとり。
右大臣の異名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一人の関連キーワード一次大人数小人数三人七人十人単数一個五人纏繞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一人の関連情報