コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒアリン膜症 ヒアリンまくしょうhyaline membrane disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒアリン膜症
ヒアリンまくしょう
hyaline membrane disease

肺硝子様膜症。肺胞壁および肺胞管の内面に硝子様膜 (ヒアリン膜) が形成される状態。新生児死亡の大きな原因で,未熟児や帝王切開児に多くみられる。症状は多呼吸,陥没呼吸,呼気性呻吟,チアノーゼ。出生時に羊水によって気管がふさがれて起るとされていたが,その後の研究により,硝子様膜の主成分は血漿由来で,特に線維素が主体であることが証明された。すなわち,硝子様膜は肺浮腫から2次的に漏出した血漿によることが確実となったので,第9回世界小児科学会 (1959) において,新生児特発性呼吸障害症 idiopathic respiratory distress syndrome (IRDS)と呼ぶほうがよいとの見解に達し,ヒアリン膜症という病名は次第に用いられなくなってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒアリン膜症の関連キーワード低出生体重児

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android