コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドロキシアパタイト hydroxyapatite

大辞林 第三版の解説

ヒドロキシアパタイト【hydroxyapatite】

水酸化リン酸カルシウム。化学式 Ca10(PO46(OH)2 骨組織の成分。人工骨や人工歯根に用いられる。ハイドロキシアパタイト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヒドロキシアパタイトの言及

【歯】より

…この歯髄腔と,エナメル質あるいはセメント質との間を象牙質dentineが埋めている(図3)。歯のこの三つの硬組織に含まれる無機質の土台は,骨のそれと同様に,ヒドロキシアパタイトhydroxy‐apatite Ca10(PO4)6(OH)2で,これに種々な物質が置換あるいは吸着の形をとって存在している。無機質の結晶の大きさは骨のそれより大きく,歯の中ではエナメル質が最も大きい。…

※「ヒドロキシアパタイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒドロキシアパタイトの関連キーワードリン(元素)人工歯根人工骨

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android