担体(読み)たんたい(英語表記)carrier

翻訳|carrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

担体
たんたい
carrier

(1) 非常に微量の放射性元素の分離を容易にするために加えるもので,化学的性質が等しいか,あるいは類似した物質。同位体担体と非同位体担体がある。
(2) それ自身は触媒作用をもたず,触媒の支持物あるいは希釈物となる物質をいう。特に不均一系触媒反応において,触媒の有効表面積を大きくして活性を増大し,被毒作用に対する抵抗を増し,反応熱による局部加熱を防止するなどの機能をもつ。多孔性物質,ケイ藻土,軽石,アルミナなどが用いられる。
(3) 分配型クロマトグラフィーにおいて,固定相液体を保持するための多孔性物質。それ自身は活性のないことが望ましく,ガスクロマトグラフィーではセライト,ケイ藻土などが,液体クロマトグラフィーではシリカゲル,粉末セルロース,ある種のフッ素樹脂などが用いられる。
(4) 物質中で電流を運ぶ役割をになう荷電粒子。電子が主であるが,イオンなども担体となりうる。半導体では多数担体と少数担体があるが,電子または正孔が担体である。半導体の担体はホール効果によって知ることができる。 (→キャリア )  
(5) 共沈法において,共沈用沈殿物として添加する物質。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たん‐たい【担体】

物理学で、物質中の電流担い手電子イオンなど。キャリア。
化学で、ごく微量のものを取り扱う場合に、それを付加させるための多量の物質。微量の放射性同位体を分離する際に加える安定同位体、少量の触媒の活性を大きくするために用いる支持体・希釈剤など。
生物体で、種々の物質と結合し輸送する物質。たんぱく質であることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

担体

 物質を運搬するもの.例えば,グルコースを細胞内に運搬するためには,細胞膜にグルコース担体があり,細胞外から細胞内へグルコースを運搬する機能をもつ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんたい【担体 carrier】

キャリアともいい,(1)何かをになう物質,(2)何かを保持する物質,(3)何かに添加する物質にわけられる。(1)の意味では,電気伝導をになう荷電粒子や準粒子のこと。電子が主であるが半導体や半金属では電子のほか正孔も担体である。半導体の担体の種類と濃度は,温度,不純物,格子欠陥などによって決定される。担体としての電子を供給する不純物はドナー,正孔を供給する不純物はアクセプターと呼ばれる。電子または正孔のうち,より濃度が高いほうを多数担体,低いほうを少数担体といい,多数担体が電子である半導体をn型半導体,正孔である半導体をp型半導体と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんたい【担体】

〘物〙 物質中で電荷を運ぶ粒子。電子・イオン、半導体中の正孔など。
〘化〙
触媒の微粒子を支える多孔性の物質。触媒を広い面積に分布させるために用いる。アルミナ・ケイ藻土など。
微量の物質を分離抽出するために加える、類似の化学的性質をもつ物質。微量の放射性同位体を混合溶液から沈殿させるために加える安定同位体など。
〘生〙
生体膜にあって物質の輸送を仲介するタンパク質。輸送体。 → 担体輸送
免疫原性が弱いか、または単独ではそれがない物質(ハプテン)と結合し、免疫原性をもたらす物質(タンパク質など)。シュレッパー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の担体の言及

【保菌者】より

…細菌やウイルス,リケッチアなどの病原微生物を体内に保有しながら,それによる症状を示さないことがある。このような状態にある人を保菌者という。保菌者は通常,その病原微生物を体外に排出しているので感染源になる。患者と比べて排出する病原微生物の量は少ないので,感染させる力が弱いが,本人自身が感染源であるという自覚がなく,また症状がないので用心されることもなく,長期間にわたって感染源として自由に動き回るので,その意味では患者よりも危険である。…

【輸送機】より

…人や貨物の輸送をおもな用途とする飛行機。航空会社などで使われる民間輸送機(商用機ともいう)transportと,軍で使われる軍用輸送機carrierとがある。
[民間輸送機]
 民間輸送機は,主として旅客の輸送を目的とする旅客機と貨物の輸送を目的とする貨物機に大別されるが,大半は旅客機で,貨物機は旅客機として設計された機体の改造型が多い。…

【触媒】より

…なお,水素化触媒の活性成分である白金は,一般に表面積の大きいアルミナや活性炭に担持して用いられる。この場合のアルミナや活性炭は担体と呼ばれ,細孔の存在がとくに重要と考えられている。
[触媒の作用機構]
 白金黒の表面に吸着した水素や酸素は,分子のままでなく原子(HとO)に解離しており,容易に表面上で水分子を生成し脱離していくと考えられている。…

【ハプテン】より

…K.ラントシュタイナーが1921年に人工抗原の研究に際して提唱した概念上の抗原決定基。ラントシュタイナーの定義によれば,独立では抗原性をもたないが,他のタンパク質(担体)と結合させて投与すれば,特異的な抗体をつくらせ,その抗体と結合する能力を有する低分子物質をさす。現在では抗原決定基はエピトープと呼ばれ,ハプテンの語はより広く,抗原の示す2種の機能,すなわち,抗体をつくる性質とその抗体と反応して血清学的反応を起こす能力の一方または両方を,いろいろの度合で欠く不完全抗原の総称としても用いられる。…

【半導体】より

…すなわち伝導電子と正孔の両方が電気伝導に寄与するわけである。両者をまとめて担体(キャリア)と呼ぶ。担体の数は温度の上昇とともに急激に増え,電気伝導度も急増する。…

※「担体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android