コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオス 〈フランス〉bios

デジタル大辞泉の解説

ビオス(〈フランス〉bios)

酵母の増殖に必要な微量物質の総称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ビオス【bios】

酵母が増殖するために必要な微量物質群。イノシトール・ β -アラニン・パントテン酸など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ビオスの関連キーワードメガロポリス(ギリシアの古代都市)プトレマイオス5世エピファネスルキアノス[アンチオキア]フィロン[ビザンティンの]沖縄県うるま市石川嘉手苅ゲオルギオス・シンケロスエウセビオス[エメサ]高知県幡多郡黒潮町浮鞭クロニコン・パスカーレヤコブ[エデッサの]スキピオのサークルディアテッサロンバイオエシックスヘブル人福音書パピアスの断片クアドラトゥス原語別外来語集スキピオ[小]パントテン酸メガロポリス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビオスの関連情報