コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシャン・ダース Bishan Dās

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシャン・ダース
Bishan Dās

インド,17世紀のムガル絵画の宮廷画家。ムガル帝国のジャハーンギール帝 (在位 1605~27) に仕え,当代随一の肖像画家,風俗画家といわれた。主要作品『シェーイク・フールの家』 (17世紀,ワーラーナシ・ヒンドゥー大学) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のビシャン・ダースの言及

【ムガル細密画】より

…またこの時代には風景画や花鳥画も盛んであった。ビシャン・ダースBiṣan‐Dās,アブール・ハサンAbū’l Ḥasan,マンスールManṣūrらの画家がことに著名である。シャー・ジャハーン(在位1628‐58)の治世には,皇帝が絵画よりも建築を愛好し,画家たちは地方に拡散した。…

※「ビシャン・ダース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android