コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンK依存因子

栄養・生化学辞典の解説

ビタミンK依存因子

 活性のある分子に完成するために,合成過程で分子内のグルタミン酸をγ-カルボキシグルタミン酸にする必要があり,それでビタミンKを必要とする血液凝固因子をいう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報