コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンK依存因子

1件 の用語解説(ビタミンK依存因子の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ビタミンK依存因子

 活性のある分子に完成するために,合成過程で分子内のグルタミン酸をγ-カルボキシグルタミン酸にする必要があり,それでビタミンKを必要とする血液凝固因子をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビタミンK依存因子の関連キーワード合成高分子分子運動アシル活性化酵素合成速度第VII因子胆汁アルコールヒドロキシメチルグルタル酸CoAレダクターゼプレカリクレイン両性界面活性剤ゼット平均分子量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone