コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビフォア・アフター分析 before-after analysis

流通用語辞典の解説

ビフォア・アフター分析【before-after analysis】

エンド陳列や、クーポン、特売など販促効果を分析する一つの方法です。通常、週単位での分析。たとえば、グレープフルーツを、1週間エンド陳列するとします。エンド陳列前の1週間の販売数量(またはPI値)、陳列中1週間の販売数量、陳列をやめた後1週間の販売数量を比較します。エンド陳列前1週間の販売数量が20個、陳列中販売数量が50個、陳列廃止後10個とすると、3週間の販売数量は80個となり、販促をしないとすれば60個が予測され、効果があったと判断できます。販促中30個で、陳列廃止後5個だとすると、3週間の合計は55個となり、効果はなかったといえます。もっとも効果があったと判断できるのは、陳列廃止後、陳列前より販売数量がのびる場合です。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android