コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビョウタケ

世界大百科事典 第2版の解説

ビョウタケ

倒木や枯枝にごくふつうに生える子囊菌類の盤菌類ビョウタケ目ビョウタケ科のキノコ。直径5mm前後と比較的小さいが,群生するので目につきやすい。細い柄の上に皿状のキノコができ,その皿状の部分を子囊盤という。皿状の子囊盤をもつ点でチャワンタケ科の菌に似るが,子囊の頭部構造にふたを欠く点で異なる。代表種に,直径1~2mmの皿をもち鮮黄色のモエギビョウタケHelotium sulphurinum Quél.や,直径2~5mmの皿をもち,全体が鮮やかな緑青色で,材を青緑色に染めるロクショウグサレキンChlorosplenium aeruginosum (Gray) De Not.,弾力あるゴム質のゴムタケBulgaria inquinans Fr.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビョウタケの関連キーワードロクショウグサレキン(緑青腐菌)テングノシャモジ(天狗の杓文字)テングノメシガイ(天狗の飯匙)キツネノワン(狐の椀)キンカクキン(菌核菌)ズキンタケ(頭巾茸)テングノメシガイヘラタケ(篦茸)子嚢菌類頭巾茸裸子器

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android