コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビョウタケ

1件 の用語解説(ビョウタケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビョウタケ

倒木や枯枝にごくふつうに生える子囊菌類の盤菌類ビョウタケ目ビョウタケ科のキノコ。直径5mm前後と比較的小さいが,群生するので目につきやすい。細い柄の上に皿状のキノコができ,その皿状の部分を子囊盤という。皿状の子囊盤をもつ点でチャワンタケ科の菌に似るが,子囊の頭部構造にふたを欠く点で異なる。代表種に,直径1~2mmの皿をもち鮮黄色のモエギビョウタケHelotium sulphurinum Quél.や,直径2~5mmの皿をもち,全体が鮮やかな緑青色で,材を青緑色に染めるロクショウグサレキンChlorosplenium aeruginosum (Gray) De Not.,弾力あるゴム質のゴムタケBulgaria inquinans Fr.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビョウタケの関連キーワード海草子嚢不完全菌類担子器倒木鬚黴水黴キノコ内国普通法人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone