コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼(び)名 ヨビナ

デジタル大辞泉の解説

よび‐な【呼(び)名】

物や人が普通に呼ばれている名。特に、正式の名前に対して平常呼ばれている名。通称。通り名。「親分の呼び名で通っている男」
平安時代宮中女官官名国名などをつけて呼んだもの。紫式部清少納言伊勢などの類。

こ‐めい【呼名】

[名](スル)
名前を呼ぶこと。また、呼び名。「呼名点呼」「生徒を一人ずつ呼名する」
川柳句会で、入選句の披講の際に作者が名乗り出ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こめい【呼名】

氏名を呼ぶこと。 「 -点呼」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の呼(び)名の言及

【綽名(渾名)】より

…実名に対する愛称・略称であるニックネームnick‐nameとは多少のちがいがある。また,あだ名は呼名(よびな)の一つでもあった。呼名はその人の実名以外に他人がつけた名で,諱(いみな)・諡(おくりな)・源氏名・醜名(しこな)とともにあだ名があったわけである。…

【氏姓制度】より

…ここにおいて,同姓の間でも,さらに族名を分かつ必要にせまられ,貴族では称号,武士では苗字(みようじ)が生ずるのである。 一方,氏姓のほかに,同時に発達したのが字(あざな)であり,仮名(けみよう),呼名(よびな)ともいわれ,一種の私称であった。すでに《日本霊異記》に,紀伊国伊刀郡人文忌寸(ふみのいみき)を,上田三郎と称した例がある。…

【人名】より

…紀貫之の幼名が阿古久曾であったことは知られているが,これはわざと汚い文字を用いた辟邪(へきじや)的な幼名である。このころから男性には,通称(呼名)がつけられた。元来これは,実名敬避の習俗を背景としているが,太郎,次郎,三郎など排行(はいこう)(年齢順の数による称呼)が古い型式の通称であった。…

※「呼(び)名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呼(び)名の関連キーワードブランデンブルク協奏曲ハタタテダイ(旗立鯛)エドワード[黒太子]ミドリガメ(緑亀)インディアナ[州]アメシャ・スペンタアカハタ(赤羽太)ヌーボー・ロマンサン・キュロットハマダイ(浜鯛)イシダイ(石鯛)アンジュー[家]ホワイトゴールドペリパトス学派米びつ(米櫃)ワークショップウズン・ハサンズールーランドジャコバイトカマーンチェ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android