コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビントン・サーフ びんとんさーふ

1件 の用語解説(ビントン・サーフの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ビントン・サーフ

TCP/IPの開発者の1人で、中心的な役割を果たした。1943年米国生まれ。スタンフォード大学を卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA大学院コンピューターサイエンスを学び、博士号を取得した。1974年、インターネットの基礎となるデータ転送プロトコルTCP/IP」を開発、提唱したことから「インターネットの父」と呼ばれる国防省に勤務した後、米MCI社で副社長を務める。2005年、Google社に移籍し、現在は同社の副社長兼チーフ・インターネット・エバンジェリストを務めている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビントン・サーフの関連キーワードIP接続ソケットTCP/IPホップカウントパワー・ブランドディフェンダーアイピーブイシックスウインソック音声IP網ブイオーアイピー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone