コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビントン・サーフ びんとんさーふ

1件 の用語解説(ビントン・サーフの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ビントン・サーフ

TCP/IPの開発者の1人で、中心的な役割を果たした。1943年米国生まれ。スタンフォード大学を卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA大学院コンピューターサイエンスを学び、博士号を取得した。1974年、インターネットの基礎となるデータ転送プロトコルTCP/IP」を開発、提唱したことから「インターネットの父」と呼ばれる国防省に勤務した後、米MCI社で副社長を務める。2005年、Google社に移籍し、現在は同社の副社長兼チーフ・インターネット・エバンジェリストを務めている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ビントン・サーフの関連キーワードVJ圧縮TCPTCP/IPウィンドウサイズパーシステントコネクションnetstatプロトコルDHCPTCP/IPインターネット

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone