コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教授 きょうじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教授
きょうじゅ

(1) teaching 教師が教材を媒介にして学習者に知識,技術を伝え,また諸能力や価値観を形成せしめる教育活動の形式。実践的意志作用としての訓練と対置される概念。習得される内容面に注目する実質陶冶と,能力や態度に注目する形式陶冶との両面が考えられる。教授過程は単なる「教え込みと記憶」から体系化へ進み,段階的教授法 (例,ヘルバルト派の予備,提示,比較,総合,応用) の諸定型を生み出す。ただ教授は学習過程と不可分で,学習者の熟達度や意欲を無視しては成功せず,この意味で学習指導と表裏をなす。 (2) professor 大学など高等教育機関の教員の呼称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐じゅ〔ケウ‐〕【教授】

[名](スル)
学問や技芸を教え授けること。「書道を教授する」
児童・生徒・学生に知識・技能を授け、その心意作用の発達を助けること。
大学や高等専門学校・旧制高等学校などで、研究・教育職階の最高位。また、その人。「大学教授

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうじゅ【教授】

( 名 ) スル
[0][1] 学問・技芸を伝え教えること。 「国文学を-する」
[0] 大学などの高等教育機関において、専門の学問・技能を教え、また自らは研究に従事する人の職名。准教授・講師の上位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教授
きょうじゅ
professor

大学における研究・教育の組織の中枢にあって、専門とする学術の進歩ならびにその教育に対して責任を負う職であり、准教授など大学の教師のなかの最高位に位置する。従来大学の講座の担当者として大きな影響力をもっていた。なお、大学の付置研究所などには研究に主力を注ぐ教授も置かれている。学校教育法は「教授は、専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の特に優れた知識、能力及び実績を有する者であつて、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する」(92条6項)と規定している。教授の資格については、大学基準協会が1947年(昭和22)に定めた大学基準およびこれを母体としてつくられた大学設置基準(昭和31年文部省令28号)に規定がみられる。後者によると、教授となる資格は、教育研究上の業績や教員の経歴が重視され、博士の学位を有するか、もしくはそれに準ずる業績の認められる者、大学における助教授(学校教育法改正により2007年4月より准教授)の経歴または旧制の高等学校・専門学校における5年以上の教授の経歴があり、教育研究上の業績の認められる者、芸能・体育などについては特殊の技能に秀で教育の経歴のある者、としている。大学基準によると、大学院の教授の場合は、学位をもつだけで十分であるというのではなく、研究の指導ならびに教育上の能力および識見をもっていることが必要である。
 准教授は、一般に大学教員の中堅層にあり、教授候補となっている。学校教育法では第92条7項に准教授について規定がある。また、准教授の資格については、大学設置基準の第15条に定めがある。
 大学教授はその真理探究や教育についての活動においては自由であり、官僚統制には服さない特権を与えられている。このことは、学問や教育という特別の事項の性質に由来する。しかしこれによってまた大学教授は、大学の研究機関、教育機関としての使命を果たす義務を負う。なお、大学は、学長、教授、准教授または講師として大学に多年勤続した者であって、教育上または学術上とくに功績のあった者に対し、当該大学の定めるところにより、「名誉教授」の称号を授与することができる(学校教育法106条)。
 大学の学部は教師団という意味もあり、自己の意志決定機関として教授会が設けられてきた。教授会は従来の学部以外の学内組織にも設けられるようになった。教授会の組織は教授を本体とするが、准教授そのほかの職員を加えることができる(学校教育法93条2項)。教授会が審議する事項は、(1)講座・学科ならびに教育・研究に関する施設の設置・廃止、(2)教育課程、(3)学生定員の決定、学生の入学・退学・転学・休学・卒業、(4)学生団体・学生活動・学生生活、(5)学生の懲戒、(6)そのほか教育・研究および運営に関する重要事項、などである。大学の学長や部局長の採用、ならびに教員の採用と昇任は選挙によるが、その選考は、大学管理機関が行うことになっている。この場合の「大学管理機関」は、一個の学部を置く大学にあっては、当分の間、「教授会」に読み替えられる(教育公務員特例法25条1項)。[手塚武彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の教授の言及

【大学】より

…第2次大戦後はとくに大学の高等教育機関的性格が強まり,(3)の機能が増大している。日本の大学の目的は,1947年制定の学校教育法によれば〈学術の中心として,広く知識を授けるとともに,深く専門の学芸を教授研究し,知的,道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする〉(52条)とされている。これもいずれかといえば,一般教育,専門教育,諸能力の育成などの教育的機能を重視した規定である。…

※「教授」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教授の関連キーワードフリードリッヒ ゴットル‐オトリリエンフェルトロバート・C.(Jr.) シーマンズアルフレッド・ヴィクター エスピナスエルンスト・R. クルティウスヨハネス・ガブリエル グラーネウィルズ・E.(Jr.) ラムカール・ジョセフ エーベルトトーマス・エドワード ソープヴィットリオ グレゴッティハリー ハルトゥーニアンL. フェスティンガーF.R. マーシャルステフェン スメイルウィルヘルム ヒスL. ヘルマンダーProfessorH. リューダースC.R. ボクサーロベール メルルピエール モロー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教授の関連情報