コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーマラーン舎利容器 ビーマラーンしゃりようきBīmarān śarīra casket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーマラーン舎利容器
ビーマラーンしゃりようき
Bīmarān śarīra casket

アフガニスタンのジェララバード近郊のビーマラーン第2ストゥーパ (仏塔) から 19世紀に発掘された舎利容器。大英博物館蔵。円筒形の黄金製でふたを欠く。高さ約 10cm。容器とともにアゼス1世 (前1世紀中頃) の銅貨が発見されたため,仏像の創始年代に議論を呼んだが,現在ではこの容器を2世紀末頃の作とする説が強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビーマラーン舎利容器の関連キーワードアフガニスタン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android