コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅貨 ドウカ

デジタル大辞泉の解説

どう‐か〔‐クワ〕【銅貨】

銅を主原料とした貨幣銅銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうか【銅貨】

銅を主材料とした貨幣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅貨
どうか

銅を素材とする鋳造貨幣。紀元前4世紀ごろ世界各地に出現・流通し始めた。年代の判明しているものでは、日本では708年(和銅1)鋳造の和同開珎(わどうかいちん)が最初とされていたが、和同開珎に先行して7世紀後半につくられた鋳造貨幣と考えられる富本銭(ふほんせん)が出土している。銅は金銀よりも重量に比し価値が劣り、巨額の取引の使用には適さないため、のちに世界的に金銀貨が正貨となるにつれ、少額の取引に限って用いられる補助貨幣となった。現在、日本では10円銅貨を鋳造している。なお、500円はニッケル黄銅貨、100円、50円は白銅貨、5円は黄銅貨である。いずれも額面の20倍までに限り強制通用力をもつ制限法貨である。[堀家文吉郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

銅貨の関連キーワードビーマラーン舎利容器ボビー トゥループモー シュナイダーコインローファーニッケルオデオンコパーヘッドデナリウス貨ファージング聖者の行進江戸川乱歩金属貨幣開元通宝天保通宝文芸戦線新貨条例二銭銅貨元和通宝黒島伝治宝永通宝クヌート

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銅貨の関連情報