コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピピ島とバイキングケーブ ピピとうとバイキングケーブ

1件 の用語解説(ピピ島とバイキングケーブの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ピピとうとバイキングケーブ【ピピ島とバイキングケーブ】

ピピ島は、タイ南部のリゾートプーケット沖45kmに浮かぶ、エメラルドグリーンの海と白い砂浜が美しいピーピー・ドン島とピーピー・レ島の2つの島。主島はピーピー・ドン島でホテルもある。ピーピー・レ島は入り組んだ海岸線の無人島で、同島西側のマヤベイ(湾)がレオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台ともなったことで一躍注目を集めるようになった。同島の北側には、その昔海賊たちが住んでいたといわれる洞窟バイキングケーブがあり、ボートで観光できる。洞内には数千の海ツバメが営巣しており、中華料理の珍味、海燕の巣がそこかしこに見られるプーケット島から日帰りツアーもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピピ島とバイキングケーブの関連キーワードリゾートウエアリゾートリゾラバキロロリゾートプーケット国際マラソン美杉リゾート八ヶ岳リゾートアウトレットリゾートセンターみのりリゾートダイバープーケット[島]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone