珍味(読み)ちんみ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「珍味」の解説

ちんみ【珍味】

めったにない、しくおいしい食べ物。さきいかやいかのくんせい、チーズたら、ビーフジャーキーナッツなど、乾き物を主とした酒の(さかな)に向く加工食品をいうこともある。◇フォアグラ・トリュフ・キャビアが世界三大珍味とされる。また、江戸時代には、三河(現在の愛知県)のこのわた、長崎のからすみ、越前(現在の福井県)のうにが天下の三珍とされた。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「珍味」の解説

ちん‐み【珍味】

〘名〙 めずらしい味。めったにないほどのよい味。また、その食物
北山抄(1012‐21頃)三「太政大臣家饗用陸海珍味常」
※俳諧・五七記(1760)芭蕉翁行脚掟「美食珍味にふける人は」 〔新唐書‐穆員伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「珍味」の解説

【珍味】ちんみ

珍しい料理。〔博物志、一〕水するは、龜・蛤・螺(にし)・(どぶがい)、以て珍味と爲す。其の腥(せいさう)を覺えざるなり。陸畜をするは、、以て珍味と爲す。其の(せん)を覺えざるなり。

字通「珍」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android