コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファージンゲールチェア farthingale chair

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ファージンゲールチェア【farthingale chair】

16~17世紀初頭のイギリスで作られた椅子(いす)。フランスのカクトアールと同じく、上流婦人の大きく張ったスカートでも座りやすいように、座面が前方の広がった台形になっていて、背板は細長いが、肘(ひじ)掛けがない。◇「ファージンゲール」は、スカートを大きく膨らますための腰枠(こしわく)またはそれを用いたスカートの意。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android