前方(読み)ゼンポウ

  • ぜんぽう ‥パウ
  • ぜんぽう〔パウ〕
  • まえかた
  • まえかた まへ‥
  • まえかた〔まへ〕

デジタル大辞泉の解説

まえの方。前面。⇔後方
前部が四角いこと。「前方後円墳」
[名]
ある位置よりも前。
㋐前後や序列の、先の方。前側の方。「前方の来賓席」
「―後ろ方と、ことども分きて、―は賀茂に参り」〈栄花歌合
㋑前の方向。ぜんぽう。「前方に見える山」
ある時点より過去。副詞的にも用いる。
㋐以前。先ごろ。「定刻より前方に着く」
「―拝見致いたことがござる」〈虎寛狂・比丘貞
㋑事前。あらかじめ。「前方から承知していた」
[名・形動ナリ]
時代遅れなこと。また、そのさま。
「中古は衆生―にして」〈浮・禁短気・三〉
不慣れなこと。また、そのさま。未熟。
「―なる買ひ手どもは、女郎に思はれんとて」〈浮・禁短気・一〉
控えめであること。また、そのさま。
「調子に乗りても、物は―に言ふべし」〈浮・禁短気・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

前の方。前面。 ⇔ 後方
その時より前。以前。副詞的に用いる。 -拝見致いた事がござる/狂言・比丘貞 虎寛本
時間的に二分した、早いほう。また、早いほうに属する人や物。 賭弓のりゆみあれば-うしろ方と/栄花 歌合
名 ・形動ナリ
時代おくれであること。古くさいこと。また、そのさま。 そんな-なる仕掛の涙などにふれと乗る男にあらず/浮世草子・色三味線
熟達していないこと。未熟であること。また、そのさま。 そりや-なる若手の男にして見せられたがよい筈/浮世草子・禁短気
ひかえめな・こと(さま)。 調子に乗りても物は-に言ふべし/浮世草子・禁短気

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 前の方。前面。
※御堂関白記‐寛弘八年(1011)六月二五日「御喪所巖陰前方有吉所
※歩兵操典(1928)第九五「銃を僅に前方に出し」
② 前が方形であること。
〘名〙
① 時間的に二つに分けてその早い方。また、その早い方に属することや人。
※栄花(1028‐92頃)歌合「三月には、又賭弓(のりゆみ)あれば、まへ方・うしろ方と、ことどもわきて、まへかたは賀茂に参り、今一方は北野に詣づ」
② 現在、またはある時点より以前の時を漠然とさし、副詞的にも用いる。以前。前。前かど。
※虎寛本狂言・比丘貞(室町末‐近世初)「左様に仰らるるな、前方拝見致た事が御座る」
③ (形動) 過去の風情や流儀であること。また、そのさま。古くさいさま。旧式。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「すこし前かたなる、おかた狂ひのやうに見えて」
④ (形動) 一定の事態にまで至っていないこと。事物に通達していないこと。また、そのさま。未熟。不慣れ。
※浮世草子・色里三所世帯(1688)上「金銀手に有時は此里の諸分まへかたにて気のつかぬ事多し」
⑤ (形動) 控え目であること。また、そのさま。
※浮世草子・真実伊勢物語(1690)一「おかんはすこしまへかたにいたしましたと、とってをきの大さかづき出して」
⑥ 空間的に、前方、または前部をいう。
※類従本実方集(998頃)「ゆみのけちにまだらまくに雪の降かかれるを入道の少納言、まへかたのまだらまくなるゆきみれば、とあるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前方の関連情報