コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前方 ゼンポウ

4件 の用語解説(前方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぽう〔‐パウ〕【前方】

まえの方。前面。⇔後方
前部が四角いこと。「前方後円墳」

まえ‐かた〔まへ‐〕【前方】

[名]
ある位置よりも前。
㋐前後や序列の、先の方。前側の方。「前方の来賓席」
「―後ろ方と、ことども分きて、―は賀茂に参り」〈栄花・歌合〉
㋑前の方向。ぜんぽう。「前方に見える山」
ある時点より過去。副詞的にも用いる。
㋐以前。先ごろ。「定刻より前方に着く」
「―拝見致いたことがござる」〈虎寛狂・比丘貞
㋑事前。あらかじめ。「前方から承知していた」
[名・形動ナリ]
時代遅れなこと。また、そのさま。
「中古は衆生―にして」〈浮・禁短気・三〉
不慣れなこと。また、そのさま。未熟。
「―なる買ひ手どもは、女郎に思はれんとて」〈浮・禁短気・一〉
控えめであること。また、そのさま。
「調子に乗りても、物は―に言ふべし」〈浮・禁短気・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぜんぽう【前方】

前の方。前面。 ↔ 後方

まえかた【前方】

( 名 )
その時より前。以前。副詞的に用いる。 「 -拝見致いた事がござる/狂言・比丘貞 虎寛本
時間的に二分した、早いほう。また、早いほうに属する人や物。 「賭弓のりゆみあれば-うしろ方と/栄花 歌合
( 名 ・形動ナリ )
時代おくれであること。古くさいこと。また、そのさま。 「そんな-なる仕掛の涙などにふれと乗る男にあらず/浮世草子・色三味線」
熟達していないこと。未熟であること。また、そのさま。 「そりや-なる若手の男にして見せられたがよい筈/浮世草子・禁短気」
ひかえめな・こと(さま)。 「調子に乗りても物は-に言ふべし/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前方の関連キーワード位置付け前掲近め西側前後ろ前売り巳の刻北側胃下垂症オーバーウエスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前方の関連情報