コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前方 ゼンポウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぽう〔‐パウ〕【前方】

まえの方。前面。⇔後方
前部が四角いこと。「前方後円墳」

まえ‐かた〔まへ‐〕【前方】

[名]
ある位置よりも前。
㋐前後や序列の、先の方。前側の方。「前方の来賓席」
「―後ろ方と、ことども分きて、―は賀茂に参り」〈栄花・歌合〉
㋑前の方向。ぜんぽう。「前方に見える山」
ある時点より過去。副詞的にも用いる。
㋐以前。先ごろ。「定刻より前方に着く」
「―拝見致いたことがござる」〈虎寛狂・比丘貞
㋑事前。あらかじめ。「前方から承知していた」
[名・形動ナリ]
時代遅れなこと。また、そのさま。
「中古は衆生―にして」〈浮・禁短気・三〉
不慣れなこと。また、そのさま。未熟。
「―なる買ひ手どもは、女郎に思はれんとて」〈浮・禁短気・一〉
控えめであること。また、そのさま。
「調子に乗りても、物は―に言ふべし」〈浮・禁短気・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんぽう【前方】

前の方。前面。 ↔ 後方

まえかた【前方】

( 名 )
その時より前。以前。副詞的に用いる。 「 -拝見致いた事がござる/狂言・比丘貞 虎寛本
時間的に二分した、早いほう。また、早いほうに属する人や物。 「賭弓のりゆみあれば-うしろ方と/栄花 歌合
( 名 ・形動ナリ )
時代おくれであること。古くさいこと。また、そのさま。 「そんな-なる仕掛の涙などにふれと乗る男にあらず/浮世草子・色三味線」
熟達していないこと。未熟であること。また、そのさま。 「そりや-なる若手の男にして見せられたがよい筈/浮世草子・禁短気」
ひかえめな・こと(さま)。 「調子に乗りても物は-に言ふべし/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前方の関連キーワード二子山古墳〈群馬県前橋市総社町〉フロントエンジンリアドライブプロジェクターヘッドライトボイスバロットの法則スローフォワードプリテンショナーハンドスプリングショベルローダー総社二子山古墳柳田布尾山古墳赤堀茶臼山古墳帆立貝式古墳渋野丸山古墳前方後円墳馬山古墳群前方後方墳逆推力装置黒姫山古墳銚子塚古墳行燈山古墳

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前方の関連情報