背板(読み)せいた

精選版 日本国語大辞典「背板」の解説

せ‐いた【背板】

〘名〙
材木から角材や板をとった残りの、片面に木のまるみのある板。
※雑俳・柳多留‐五五(1811)「桐の木の脊板も娵の道具也」
② 腰かけなどで、人のがあたる部分。
③ 荷物を背負うために、背にあてる板。背負子(しょいこ)
※綿(1931)〈須井一〉二「私共は雪を掘って薪を引き出すと、雪の上に背板を並べて荷造りした」
④ 背割り具足の背面中央の引合(ひきあわせ)の空隙をふさぐもの。おくびょういた。
随筆・貞丈雑記(1784頃)一一「腹巻は背にて合する故背板有り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「背板」の解説

せ‐いた【背板】

腰掛けなどの、人の背が当たる部分に取り付けられた板。また、戸棚本棚などの、背面に取り付けられた板。
材木から角材や板をとった残りの、片面に丸みのある板。
背負しょい子」に同じ。
よろい腹巻はらまき背中の引き合わせのすきまをふさぐために当てるもの。臆病板おくびょういた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android