フェルゲット利得(英語表記)Fellgett advantage

法則の辞典の解説

フェルゲット利得【Fellgett advantage】

同時測光(すべての波長の光を同時に検出する)の際のSN比の利得をいう.波数σ1 からσ2 までのスペクトル範囲を分解度 ⊿σ で分光測定する場合,そのスペクトル要素の数 mm=(σ2-σ1)/⊿σ で表すことができる.一つのスリットを用いて各スペクトル要素を逐次測定して全スペクトルを測定するのに時間 T が必要ならば,各要素ごとにかけられる時間は T/m となる.このとき検出器雑音が支配的であるならば,SN比はに比例する.

干渉分光法などのように全領域を同時に測光可能だとすると,各スペクトル要素にすべて時間 T をかけることとなるので,SN比はに比例する.したがって,同時測光法では逐次測光法に比べてSN比は倍の向上がみられることになる.これをフェルゲット利得という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android