利得/利徳(読み)リトク

世界大百科事典 第2版の解説

りとく【利得 gain】

増幅率(増幅度)あるいはゲインともいう。増幅器での入力と出力の比。量として電圧,電流,電力のいずれかをとり,それぞれ電圧利得,電流利得電力利得という。利得の単位は単に何倍ということもあるが,デシベル(dB)を使うことが多い。電力利得では入力電力をP1,出力電力をP2とすると電力利得Gp=10log10(P2/P1)で表される。抵抗Rに電流Iまたは電圧Vを加えたときの電力PPI2RまたはV2/Rとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の利得/利徳の言及

【アンテナ】より

…これが受信アンテナの原理である。 このようなアンテナの特性を表示するもっとも基本的な定数は利得gainである。これをまず送信アンテナについて説明すると,特定方向への放射電力が同じ電力を供給した基準アンテナの場合と比較して何倍になるかを表した値をアンテナの電力利得,あるいは単に利得という。…

【アンテナ】より

…かりに,送信アンテナの代りに送信機の出力端子に白熱電球を接続した場合を考えると,電流が流れて点灯はするが,一般には不整合その他のため全出力を電球に流入させることは困難である。
[原理,利得,指向特性]
 アンテナに高周波電流を流すと,それによる磁界が生ずると同時に,電流に伴う電荷分布によって電界が生ずる。この電流,電荷は使用周波数によって振動的に変化するので,生じた電界,磁界もまた振動的に変化する。…

※「利得/利徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android