コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利得/利徳 リトク

デジタル大辞泉の解説

り‐とく【利得/利徳】

利益を得ること。また、その利益。もうけ。「―を追求する」「―を上げる」
(利得)トランジスターなどの増幅器で、入力に対する出力の比。→ゲイン2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りとく【利得 gain】

増幅率(増幅度)あるいはゲインともいう。増幅器での入力と出力の比。量として電圧,電流,電力のいずれかをとり,それぞれ電圧利得,電流利得電力利得という。利得の単位は単に何倍ということもあるが,デシベル(dB)を使うことが多い。電力利得では入力電力をP1,出力電力をP2とすると電力利得Gp=10log10(P2/P1)で表される。抵抗Rに電流Iまたは電圧Vを加えたときの電力PPI2RまたはV2/Rとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の利得/利徳の言及

【アンテナ】より

…これが受信アンテナの原理である。 このようなアンテナの特性を表示するもっとも基本的な定数は利得gainである。これをまず送信アンテナについて説明すると,特定方向への放射電力が同じ電力を供給した基準アンテナの場合と比較して何倍になるかを表した値をアンテナの電力利得,あるいは単に利得という。…

【アンテナ】より

…かりに,送信アンテナの代りに送信機の出力端子に白熱電球を接続した場合を考えると,電流が流れて点灯はするが,一般には不整合その他のため全出力を電球に流入させることは困難である。
[原理,利得,指向特性]
 アンテナに高周波電流を流すと,それによる磁界が生ずると同時に,電流に伴う電荷分布によって電界が生ずる。この電流,電荷は使用周波数によって振動的に変化するので,生じた電界,磁界もまた振動的に変化する。…

※「利得/利徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

利得/利徳の関連キーワード複ゲートMOSトランジスタキャピタル・ゲイン課税不当利益返還請求権ニコルズチャートキャピタルゲインあっせん利得罪法利得禁止の原則会社臨時特別税斡旋利得処罰法非定和ゲームナッシュ均衡欲も得も無い不法原因給付準事務管理創業者利得債務者利得オペアンプ一得・一徳定和ゲーム保有利得

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android