フランシス・S. コリンズ(英語表記)Francis S. Collins

現代外国人名録2016の解説

フランシス・S. コリンズ
Francis S. Collins

職業・肩書
遺伝学者 米国国立衛生研究所(NIH)所長

国籍
米国

生年月日
1950年4月14日

出身地
バージニア州スタントン

専門
ヒトゲノム解読

学歴
バージニア州立大学〔1970年〕卒,エール大学大学院〔1974年〕修了,ノースカロライナ大学大学院

学位
医学博士(ノースカロライナ大学)〔1977年〕

経歴
演出家の父と脚本家の母の間に生まれる。ハワードヒューズ医学研究所スタッフ、ミシガン大学医学センタースタッフを経て、1993年〜2008年米国国立衛生研究所(NIH)のヒトゲノム(人間の全遺伝子情報)プロジェクト代表に就任。2009年より同研究所長。米国政府によるヒトゲノム・プロジェクトの責任者としてセレラ・ジェノミクス社長のクレイグ・ベンター博士との間で激しい競争を展開。2000年6月両者揃ってゲノム解読を完了したことを発表した。著書に「遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える」など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android