コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレッシュ・スタート法 ふれっしゅ・すたーとほう

会計用語キーワード辞典の解説

フレッシュ・スタート法

各結合当事企業はひとまず消滅し、新たな人格として企業ができたものとみなして行う会計処理のことです。新たに企業ができたとみなすことで、角結合当事企業の資産負債は、すべて結合時点の時価で評価することになります。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android