コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレッシュ・スタート法 ふれっしゅ・すたーとほう

1件 の用語解説(フレッシュ・スタート法の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

フレッシュ・スタート法

各結合当事企業はひとまず消滅し、新たな人格として企業ができたものとみなして行う会計処理のことです。新たに企業ができたとみなすことで、角結合当事企業の資産・負債は、すべて結合時点の時価で評価することになります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレッシュ・スタート法の関連キーワード対消滅企業結合新たなる月此な人一安心一先ずひとまど人丸何はさておき日日に新たなり

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone