時価(読み)じか

精選版 日本国語大辞典「時価」の解説

じ‐か【時価】

〘名〙 その時の相場格。その時々の市価。〔令義解(718)〕
民法(明治二九年)(1896)二六九条「土地の所有者が時価を提供して之を買取るべき旨を通知したるときは」 〔志‐王昶伝裴注〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「時価」の解説

【時価】じか

時の相場。〔三国志、魏、王昶伝注に引く昭先別伝〕人と與(とも)に生口(家奴)を買ふ。各(価)匹なり。後、生口の家、來り贖(あがな)ふ。時に價直六十匹なり。共に買ひし、時價に隨ひて贖を取らんと欲す。自ら本(もと)の價匹のみを取る。共に買ひしも~本價のみを取れり。

字通「時」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android