コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレンチ・ホルン フレンチホルン

百科事典マイペディアの解説

フレンチ・ホルン

ホルン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレンチ・ホルン
ふれんちほるん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフレンチ・ホルンの言及

【ホルン】より

… 円環状に巻いた狩猟用ホルンは17世紀に現れてフランスを中心に用いられた。フレンチ・ホルンという別名があるのはこのことによるらしい。円環の内部は,のちに替管,あるいは弁(バルブ)と迂回管でいっぱいになったが,それがなかった当時は頸や肩に掛けて携行することもできた。…

※「フレンチ・ホルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フレンチ・ホルンの関連キーワードエバンズ(Gil Evans)アンドルー・ロイド ウェバーギル・エヴァンスの個性と発展デービッド マシューズドゥワイク ミッチェルジム バフィントンボブ マグヌソンパット メセニーピート レビンドン エブニーホルン(楽器)コリトサウルススコフィールドウィリアムソンブラス・バンドサクソルン属ウイル リー田谷 力三田中 正大メセニー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android