コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロットラ frottola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロットラ
frottola

音楽用語。 15世紀末から 16世紀初頭にかけてイタリアで栄えた声楽様式。4声部の和声的なスタイル,明確な区切りをもつ楽句繰返し特色とし,各声部を歌うか,またはソプラノ声部だけを歌って残りの声部を器楽伴奏にゆだねた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフロットラの言及

【イタリア音楽】より

…ルネサンス期に他の諸分野において,イタリア人の活躍がどれほどいちじるしかったかを考えると,音楽の創作の不振の理由を説明するのは困難である。1500年前後のイタリア人の創作としては,マントバ(ゴンザーガ家),フェラーラ(エステ家),フィレンツェ(メディチ家)における,フロットラ(世俗歌)やカント・カルナシャレスコ(謝肉祭の歌)などの創作が目だっている。01年にベネチアの印刷業者のペトルッチが《オデカトン(百の歌の意)》と名づけて出版した多声音楽の曲集は,印刷譜の最初のものとされている。…

※「フロットラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フロットラの関連キーワードフランドル楽派ホモフォニーイタリア音楽マドリガルカルテットイザーク音楽用語合唱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android