楽句(読み)がっく

精選版 日本国語大辞典 「楽句」の意味・読み・例文・類語

がっ‐く ガク‥【楽句】

〘名〙
楽曲を構成する単位のうち、四小節からなる最小の楽節。小楽節フレーズ。〔音楽字典(1909)〕
② まとまった楽想を表わす旋律または楽曲の自然な区切り。
※西行(1942)〈小林秀雄〉「どうして遂にかういふ驚くほど平明な純粋な一楽句と化して了ったかを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「楽句」の意味・読み・例文・類語

がっ‐く〔ガク‐〕【楽句】

楽曲の、旋律線の自然な一区切り。フレーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android