声部(読み)セイブ

大辞林 第三版の解説

せいぶ【声部】

多声音楽を構成する各部分。ソプラノ・アルト・テノール・バス、あるいは高音部・低音部、主声部・副次声部など。パート。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐ぶ【声部】

〘名〙 多声の音楽でソプラノ、アルト、テノール、バスなどの人声。また、楽器音がそれぞれ受けもつ部分。パート。
※私の詩と真実(1953)〈河上徹太郎〉わが楽歴「絃楽四重奏と四部合唱は、どちらが和声的に声部の陰暈が滲み合ふだらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の声部の言及

【対位法】より

…対位法はポリフォニーの技法および理論として13世紀以来作曲の基礎をなし,17世紀以後に発達する和声法とともに,今日まで作曲法教程の主要科目とみなされている。 二つ以上の自立的な旋律(声部)を結合する技法として,対位法は各声部の音楽的な動き,声部間のリズム的分化,垂直的な音程や和音の響き,という三つの問題を考慮し,諸声部の結合が一つの音楽的なまとまりを生むようにはからねばならない。〈音符・対・音符〉という語源が物語るように,対位法は最初,既存の旋律(定旋律)に対して新たな旋律を創出し,定旋律の各音に新旋律(対位声部)の音を1対1の関係で結合することから始まった。…

※「声部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

声部の関連情報