コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッキア Buchia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッキア
Buchia

軟体動物門二枚貝綱ウグイスガイ科の化石属。殻は薄く斜めに楕円形,不等殻である。左殻は右殻よりふくらみが強く,右殻の前方には小さいスプーン形の耳がある。ちょうつがい線は直線的で無歯。ジュラ紀後期から白亜紀にかけて北極区,北アメリカ地域に繁栄し,重要な示準化石。以前は,アウセラ Aucellaと呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブッキアの関連キーワードカミルス[レリス]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android