コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

示準化石 しじゅんかせきindex fossil

翻訳|index fossil

6件 の用語解説(示準化石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

示準化石
しじゅんかせき
index fossil

標準化石ともいう。ある特定の地質時代を指示する化石。化石による時代算定は 19世紀の初頭 W.スミスが,イギリスジュラ系のなかで,層準によって異なる種類のアンモナイトが産出し,一定の種はある地層群だけに限られることを証明したことに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しじゅん‐かせき〔‐クワセキ〕【示準化石】

地層の対比や地質時代決定に役立つ化石。生存期間が短く、地理的に分布範囲が広いものが用いられる。古生代フズリナ中生代アンモナイトなど。標準化石

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

示準化石【しじゅんかせき】

標準化石とも。その化石を産出する地層が,どの地質時代に属するものであるかを示す化石。地層の時代決定に役だつ。示準化石であるためには,その種の生存期間が明確にわかっていること,生存期間が短いこと,分布の範囲が広いことなどが条件である。
→関連項目アンモナイトイノセラムス化石貨幣石コノドントサンゴ(珊瑚)地質系統トリゴニア筆石有孔虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しじゅんかせき【示準化石 index fossil】

産出した地層の対比を行い,さらにその地質年代を決定するのに用いられる化石。標準化石ともいう。示準化石としては,通常化石属ないし化石種を指すことが多い。地域に分かれて分布する地層群の中に示準化石を含む地層を追跡して,地域間の対比をする生層位学の方法は19世紀前半に確立されたが,これはそれらの化石となった古生物の属や種の生存期間の枠で,地層が形成された時期の同時性をおさえるという単純な原理に基づいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しじゅんかせき【示準化石】

地層の地質年代を決定する指標となる化石。特定の年代に生存し、地理的分布の広かった生物の化石を用いる。古生代カンブリア紀の三葉虫類、中生代のアンモナイト類など。標準化石。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

示準化石
しじゅんかせき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の示準化石の言及

【化石】より

…化石帯はいろいろの基準により定義されるが,化石の組合せや特定化石の層位的産出範囲(古生物の生存期間)に基づくものが多い。このように,それが含まれている地層を認定し,年代を決定するのに用いられる化石を示準化石という。
【古生態と古環境】
 化石化した古生物とそれが生息していた環境との関係を扱う古生物学の分野が古生態学である。…

※「示準化石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

示準化石の関連情報