ブルタバ[川](読み)ブルタバ

世界大百科事典 第2版の解説

ブルタバ[川]【Vltava】

チェコ西部,ボヘミア中央部を南から北へ貫き,ラベ(エルベ)川に流れ込む,この国で最も重要な河川。全長約435km,流域面積2万8093km2。ドイツ語名モルダウMoldau川。オーストリア国境をなすシュマバŠumava山脈中のチェルナー・ホラČerná hora山を源流部とし,国境に沿ってはじめ南東に流れ,リプノ・ナド・ブルタボウ付近で鋭く北に流れを変え,養魚池の多いチェスケー・ブジェヨビツェ盆地を通り,首都プラハを抜けてその北で広い峡谷に入り,メルニーク付近でラベ川に合流する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブルタバ[川]の言及

【エルベ[川]】より

…チェコではラベLabe川と呼ばれる。全長1165km,流域面積14万4055km2であるが,上流をエルベ川に流入するブルタバ(モルダウ)川とした場合の全長は1290km,流域面積15万8331km2になる。この場合のエルベ川の源流はドイツとチェコとの国境のボヘミア山地である。…

※「ブルタバ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android