コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルタバ[川] ブルタバ

2件 の用語解説(ブルタバ[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブルタバ[川]【ブルタバ】

チェコ西部の川。ラベ川(エルベ川)の支流で,ドイツ名はモルダウMoldau川。全長430km。ベーマー・ワルト(ボヘミア森)に発し,ボヘミア中央部を北流し,プラハ北方約30kmでラベ川に合する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルタバ[川]【Vltava】

チェコ西部,ボヘミア中央部を南から北へ貫き,ラベ(エルベ)川に流れ込む,この国で最も重要な河川。全長約435km,流域面積2万8093km2。ドイツ語名モルダウMoldau川。オーストリアと国境をなすシュマバŠumava山脈中のチェルナー・ホラČerná hora山を源流部とし,国境に沿ってはじめ南東に流れ,リプノ・ナド・ブルタボウ付近で鋭く北に流れを変え,養魚池の多いチェスケー・ブジェヨビツェ盆地を通り,首都プラハを抜けてその北で広い峡谷に入り,メルニーク付近でラベ川に合流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブルタバ[川]の言及

【エルベ[川]】より

…チェコではラベLabe川と呼ばれる。全長1165km,流域面積14万4055km2であるが,上流をエルベ川に流入するブルタバ(モルダウ)川とした場合の全長は1290km,流域面積15万8331km2になる。この場合のエルベ川の源流はドイツとチェコとの国境のボヘミア山地である。…

※「ブルタバ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone