コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレスラウ Bresslau, Harry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレスラウ
Bresslau, Harry

[生]1848.3.22. ダーネンベルク
[没]1926.10.27. ハイデルベルク
ドイツの歴史家,古文書研究家。ベルリン大学,シュトラスブルク大学教授。おもに中世史を研究した。主著『ハインリヒ2世とコンラート2世治下のドイツ国家』 Jahrbuch des deutschen Reichs unter Heinrich II und unter Konrad II (1879~84) ,『モヌメンタ・ゲルマニア・ヒストリカの歴史』 Geschichte der Monumenta Germaniae Historica (1921) 。

ブレスラウ

ウロツワフ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブレスラウ

ブロツワフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ブレスラウ【Breslau】

ブロツワフのドイツ語名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレスラウ
ぶれすらう
Breslau

ポーランド南西部、下シロンスク(シュレージエン)地方の中心都市ブロツワフのドイツ語名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブレスラウの言及

【ブロツワフ】より

…人口64万2900(1995)で,ポーランド第4の大都市。ドイツ名ブレスラウBreslau。オーデル(オドラ)川中流両岸に発達し,肥沃かつ広大な平野を後背地に控え,小麦,テンサイを中心とした穀倉地帯にある。…

※「ブレスラウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレスラウの関連キーワードブランデス(Heinrich Wilhelm Brandes)リヒャルト・フリードリヒ・ヨハネス パイフェルハインリッチ・グスタフ・アドルフ エングラーホーフマン・フォン・ホーフマンスワルダウネトケ・レーヴェ マルガレーテオットー・リチャード ルンマーH. フランケル・コンラットエルンスト プリングスハイムアレキサンダー ズーパンアルフレッド シュトックフランツ・E. シモンカール ブロッケルマンエルンスト コルネマンリチャード アベックハンス ペルツィヒミクリチ=ラデツキフルトヴェングラーバウムガルトナーアイクシュテットアグネス ゾルマ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android