コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロックビル Charles comte de Broqueville

世界大百科事典 第2版の解説

ブロックビル【Charles comte de Broqueville】

1860‐1940
ベルギーの政治家。カトリック党の下院議員(1892‐1919),上院議員(1919‐36)を務め,そのあいだに鉄道相(1910‐12)を経てカトリック党内閣首相(1911‐18)に就任し,国防相(1912‐17)を兼任した。国防相としては,義務兵役制(1913),国軍再編成を行ってドイツの脅威に備えた。第1次世界大戦でベルギーがドイツ軍に占領されると,フランスのルアーブル近傍に逃れた亡命政権を率いて,エイゼルIJzer川の背後に布陣してドイツ軍に抵抗するベルギー軍を支援した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブロックビルの関連キーワードセント・ローレンス川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブロックビルの関連情報